結婚するのに必要な年収【公認会計士ステータス】

えんむすび 仲人士 小西明美です。

先日、23歳の起業社長と商談しました。学生時代から起業をすでにしていたそうです。

結婚できない男性と仕事上接する機会が多いのですが、彼はすでに今秋結婚されるそうです。

結婚できる男性と年収、年齢の関係について考えてみました。

厚生省人口問題研究所の「人口問題に関する意識調査」によると、年収が低い男性ほど未婚率が高くなっています。

↓

厚生省「人口問題に関する意識調査」

結婚生活にお金は必要不可欠ですので、やはり年収が多い方が結婚には有利です。

さらに、公認会計士という士業ステータスがあれば、結婚できる相手として選ばれる優位性は上がります。

ただ、それでも世の中には年収が多い独身の方、年収が少なくても結婚している方が大勢います。

結婚とは、条件通りではいかない、目に見えない心の存在は無視できません。

結婚する!という人生の最大のハードルを超えるには、感情や愛情が育める人同士であるという、ご縁や相性に左右されます。

選ばれる自分である事がとても大切です。

人生最大のハードルを超えるための、婚活の心得が必要です。

今すぐ婚活デビューしましょう!

エスコートは監査法人出身の仲人士小西明美にお任せください!